特定非営利活動(NPO)法人
高周波・アナログ半導体ビジネス研究会
―More than Moore半導体分野での新事業開発とオープン・イノベーションを促進―
サイトマップ  お問い合わせ  
組織概要 活動概要 入会案内 研究会について セミナ情報 関連リンク
  ホーム> セミナ情報



 


セミナ情報

【開催予定】
 ・第70回 アナログ技術トレンドセミナ (2023年 2月10日(金))

【過去に開催したセミナ】
    ⇒ 過去に開催したセミナ
 

 
【WEB受講可】第70回 アナログ技術トレンドセミナ(HAB研セミナ)のご案内


 第70回セミナでは「二次電池システムの現状と今後の動向」というテーマで、専門家の方々にご講演をいただきます。
 現在、世界最大の課題である地球温暖化対策の一つとして、クリーンエネルギーやEV等の二次電池をネットワークで繋ぎ、EMSを使って電力の安定供給を図る分散型電源供給システムの開発・実用化に注目が集まっています。その実用化の鍵を握るキーテクノロジーの一つが二次電池システムです。
 この二次電池システムは、二次電池とそのシステムの高信頼性やメンテナンスの効率化を担保するBMS(バッテリー・マネージメント・システム)から構成されます。今回は、この事業分野で先端的な取り組みをされている方々に、その最新情報と将来展望について、ご講演をお願いしました。
 是非、皆様の活発な討議をお願いいたします。
 ご参加を⼼よりお待ち申し上げます。

 ■テーマ:『二次電池システムの現状と今後の動向』
 ■日 時: 2023年2月10日(金) 14:00~17:00 
 ■形 式: 会場(京都テルサ)/Web(Zoom)     


 ■内容: 『二次電池システムの現状と今後の動向』
14:00-14:05  挨 拶  HAB研 理事
14:05-14:55
【WEB講演】
基調講演 「二次電池システムを支える蓄電技術の現状と今後の動向(仮)」
     
有馬 理仁 氏(大和製罐株式会社)

14:55-15:45
講 演 (未定)
     

15:45-16:00 休 憩

16:00-16:50
講 演 「BMSの現状と今後の展開(仮)」
     ヌヴォトン テクノロジージャパン株式会社

16:50-17:00 NPO法人HAB研究会の紹介
   南部 修太郎 (NPO法人HAB研究会 理事長)
※交流会は開催いたしませんので、
 名刺交換をご希望の方は、事務局までお問い合わせください。

 ■参加費:HAB研会員 無料、非会員 5,000円
 ■参加費のお支払い方法:WEB受講の方は、2023年2月8日(水)午前中までに事前振込をお願い致します。
             会場受講の方は、当日受付けにてお支払いくださいませ。
 ■主 催:NPO法人高周波・アナログ半導体ビジネス(HAB)研究会
 ■申込み締切:2023年2月3日(金)17:00
 ■申込み方法: 以下の内容を明記の上、h-analog@npo-hab.orgまでメールでお申込みください。
        ※確認後、登録完了のメールを返信いたします。
         1週間以上、返信のない場合は、お手数ですが再度メールいただくか、
         お電話をお願い致します。

 
-------「件名:第70回アナログ技術トレンド(HAB研)セミナ 参加希望」--------

  ■御氏名:
  ■勤務先:
  *部署・御役職:
  *勤務先住所:
  *電話番号:
  *メールアドレス:
  ■会員登録の有・無:HAB研会員 / HAB研会員登録(更新)希望 / 非会員

----------------------------------------------------------------------------------
 ※HAB研究会への会員登録をご希望の方は、『入会について』ご覧下さい。
 ※過去のセミナへご参加頂いた方で、所属等にご変更がない方は、「*」印のところは、省略可。






㈱アセット・ウィッツ
 HAB研究会
   
NPO法人高周波・アナログ半導体ビジネス研究会 〒601-8047  京都市南区東九条下殿田町13 九条CIDビル102  ㈱アセット・ウィッツ内
Tel. 075-681-7825  Fax. 075-681-7830 URL http://www.npo-hab.org